家づくりの流れ

住まいづくりのステップ

はじめての家づくり。どんなことが必要で、何をするべきか。ご不安な方も多いはずです。
リザーブデザインでの家づくりの流れをまとめました。



01お打合せ

プラン決定・ご契約・仕様決め
ご趣味やご家族のこと、おうちでの過ごし方などをヒアリングさせていただきます。
理想の暮らしを設計案としてプランニングしていきます。
設計プラン、設備機器等が固まったところで詳細⾦額を確定いたします。
建物内容や⾦額にご納得いただいたうえで⼯事請負契約を締結いたします。
仕様決めでは、外部や内部、水回り設備、各扉の色などをサンプルや各メーカーのショールームで⾒ていただきながら、⼀緒に1つずつ選んでいきます。
お打ち合わせ・プラン決定

お打ち合わせ


02⼯事開始

地盤調査・着⼯・完了検査
地盤の調査を⾏い、必要に応じて改良⼯事を⾏ったのち、基礎⼯事が始まります。
家を支える基礎が出来上がると上棟をむかえ、1日で建物の骨組みが出来上がります。
クロスやキッチンなどの取り付けの内装⼯事が終わり次第、検査機関で最終検査を⾏います。
弊社では、着⼯からお引き渡しまでの間に第三者機関による検査を計5回実施しております。
⼯事開始

工事開始


02お引渡し

ご確認・手直し⼯事・お引渡し
完了検査後、お施主様による⽬視検査をしていただきます。
クロスのキズ等、気になるところをご⼀緒に確認し手直しを⾏います。
手直し⼯事終了後、お引渡しさせていただきます。
お引渡し時に設備のご使用方法、お手入れ方法、注意点等のご説明をしております。
アフターサービスはメンテナンス担当者が定期的にお伺いいたします。
お引渡し